アラサー女性が服を断捨離すべき5つの理由?

断捨離とは、必要な物を残して不要な物を捨てることです。断捨離をすることで、環境だけでなく心も軽くなり快適な生活を送ることができます。

本来であれば少なくとも年に1回は断捨離をすべきでしょう。しかし服を捨てることに抵抗があると、なかなか断捨離に至らない人も多いです。

アラサーになると断捨離した方がいいって本当?
なぜアラサーは断捨離が必要なの?

今回は、アラサー女性が服を断捨離すべき理由を具体的に紹介します。収納に服が溢れているアラサー女性は、ぜひ参考にしてください。

アラサー女性が服を断捨離すべき5つの理由?

アラサー世代とは?

アラサー世代とは、30歳前後の女性のこといいます。具体的には27~33歳くらいまでをさす場合が多いでしょう。

アラサーという言葉ができた背景には、この年齢が女性にとって大きな節目を意味するからです。一つの曲がり角であるともいえます。

『決してもう若くはない』
『でもおばさんとは言われたくない』

そんな世代ですよね。肌のツヤや体型にも変化がでてきます。また言動にも責任や重みを持つ必要があるでしょう。

だからこそ若すぎず老けすぎずないように、女性自身が美意識を高めることが必要になります。アラサーとは、絶妙で難しい世代なのです。

断捨離する理由①似合う服が変わる

毎日自分の顔を鏡で見ていると、大きな変化に気が付くことはありません。しかし人は年齢と共に変化するものです。

とくにアラサー世代は、『ただ若くて可愛い』という場所から離れる年齢です。自分に似合う服を見極めて、年齢相応の格好をする必要があるでしょう。

そこで一般的にアラサー世代が似合わなくなってくる服を紹介します。クローゼットにある場合には、断捨離候補として捨てることを検討してください。

露出の多いもの

胸元が大きくあいたもの・肩が出るもの・ミニスカートなどの露出アイテムは似合わなくなります。中にはスタイルを維持していて、見た目年齢が変わらない人もいるでしょう。

しかし体型や顔の印象だけでなく、雰囲気が合わないようになります。醸し出るアラサー雰囲気と露出がマッチしなくなるのです。

そのため肌を多く出していると、『可愛い』『セクシー』ではなく『下品』『痛い』と感じられます。20代前半に着ていた露出服は断捨離しましょう。

可愛い度が高いもの

女性は可愛い服が好きですよね。20代前半では、赤文字系・青文字系に分かれて、それぞれの可愛いを追及していたのではないでしょうか。

  • フリル
  • リボン
  • 水玉

このような要素は可愛いの定番です。着用しているだけでテンションも上げることができたでしょう。しかしアラサーが着ると違和感が生じてしまいます。

お洒落=可愛いは、アラサー世代の前までです。可愛いだけを卒業して大人の階段を上るためにも、可愛い服の断捨離は必要だといえるでしょう。

色柄の多いもの

色柄の多いものとは、いわゆる派手な服です。アラサー世代が派手な服を着ると、相対効果で顔が地味に見えてしまいます。

若いころは派手な服にも負けない活気が出ていたことでしょう。しかし、アラサーになると活気は落ち着きに変化します。そのため派手なものに勝つことができないのです。

過去に似合っていた服でも日々変化します。色柄は2×2までに抑えて、それ以上のアイテムは断捨離するべきでしょう。

断捨離する理由②大人女性として意識を高める

アラサーで変化するのは、外見だけのことではありません。社会人であれば、中堅となり後輩も増えてきた頃ですよね。そこには責任感や品格も求められます。

今までは『これを着たい』という外へのパワーでした。それが『こう見られるべき』という内へのパワーにシフトしてきているのです。

断捨離をすることで、一度20代前半の若かった気持ちとも離れることができます。そして気持ち新たに大人の女性としての意識を高めていくことができるでしょう。

シンプルなものが際立つ

アラサーのお洒落は引き算がカギです。いかにシンプルにお洒落をするかが重要となります。足さずに引くことを意識しましょう。

そうすると余計なアイテムは多数あるものです。パッと見た印象がシンプルでない服は断捨離していくと良いです。

着る服がシンプルになることで、考え方までシンプルになります。複雑にしようとせずに、アラサーとして肩の力を抜いた毎日を過ごすことができるでしょう。

高品質のアイテム

若いころは、質より量でワンシーズンに多数の服を購入していた人も多いでしょう。しかしアラサーは量より質です。

今まで買った低価格な服は一度まとめて断捨離してしまいましょう。着ている服は、その人自身の鏡です。安いアラサー女にならないようにしてください。

身だしなみ

今までは自分が楽しみお洒落が中心だったことでしょう。しかしアラサーになるとお洒落よりも身だしなみを重視する必要があります。

相手に不快感を与えないことを意識するのです。アラサーにもなって、目のやり場に困るような服を着ていては不快に思う人が多いでしょう。

このような周囲への配慮も服にしてください。身だしなみとして相応しくない服は、迷うことなく断捨離していきましょう。

断捨離する理由③身も心も軽い生活をする

アラサーの断捨離とは、若いときの服を捨てていくということだけではありません。服を断捨離することで、身も心も軽い生活をすることが目的です。

アラサー世代は女性として悩みが多いです。若さにしがみつきたい年齢でもあり、老いに対しての抵抗感も強くあります。それでも年齢相応の人生を送りたいという希望も持っているでしょう。

結婚・妊娠・出産・昇進などと変化の多い世代でもありますよね。その移り変わりに心も体もおいていかれてしまうことがあるものです。

断捨離は、このような迷いや悩み・虚無感などを開放してくれる効果があります。昔の服を捨てるだけで、前を向いて歩きだすことができるのです。

人生の曲がり角であり節目となる世代だからこそ、断捨離をする必要があります。前向きに生きる勇気がわいてくるでしょう。

断捨離する理由④現実的に生きるため

アラサー世代は、夢を見る年齢ではなく現実を生きる年齢になります。今までは貯金なしで好きなものを買ったりしても問題なかったでしょう。

しかし、アラサーになると不要なものを買わずに節約や貯金をすることも必要です。それが現実を生きるということになります。

これから結婚や出産をするのであれば、費用がかかります。また一人で生きていくのにも貯金は必要です。そこで服代を可能な限り抑えなければいけません。

そんなとき断捨離は効果的です。無駄なものを捨てて手持ちをスッキリさせることで、不要ものが入ってくるのを断つことができます。

また自分で服の把握をすることで、同じようなものの購入も防げるでしょう。クローゼットを軽くすることで身動きもとりやすくなります。

もちろんアラサーでも夢を抱くのは悪いことではありません。しかし現実的な視野も同時に入れるということで断捨離をするべきなのです。

断捨離する理由⑤執着心をなくす

断捨離には、物への執着をなくす効果もあります。とくに女性の場合は、服への執着が強い人も多いですよね。

服というのは、自分を表現するツールとなります。服をたくさん所有している人は、それだけ自分を表現したいということです。

そのため服を断捨離するという行為は、自分の表現方法をなくしてしまう気がします。だからこそ怖さを感じてしまうのです。

若いときには服で存在意義を表現し、服や外見に執着するのも良いでしょう。一つのアピール方法として間違いではありません。

しかしアラサー世代になったら、その執着から離れていく必要があります。いつまでも服で自己表現をしていては、中身のない女性になってしまうからです。

アラサーになると、性格や生き方が外見に表れてきます。シンプルな服を着ても素敵に見える女性を目指すべきでしょう。

着飾ることよりも、内面を磨く努力をしてください。それがもっとも大切になるのがアラサー世代の女性たちなのです。

断捨離することで心を入れ替える

アラサー女性には、人生の節目が多く訪れます。成人するのは20歳ですが、本当の意味で大人にならなければいけないのがアラサーです。

そんな大切で大きな壁を乗り越える世代だからこそ、服の断捨離が必要だといえます。断捨離をすると心の入れ替えができます。気持ち新たに出発できる心の余裕ができるのです。

断捨離というと服がもったいないと思うかもしれません。時間もないし面倒だと感じる人もいるでしょう。しかし、そんな人こそ断捨離をするべきです。

アラサー女性は断捨離をして前を向きましょう。それが結果として、大人の女性への良い効果となるのです。

30代女性に人気のファッションレンタルサービスとは?

10月 4, 2018

ファッションレンタルラボおすすめ
👑第1位👑 エアークローゼット



会員数20万人突破!日本最大級のファッションレンタルサービス。
当サイト(ファッションレンタルラボ)で最もおすすめのサービスがエアークローゼットです。
11月限定!招待コード 92GUn で3,000円引き

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です