洋服を買わない方法とは?すぐに服を買ってしまう女性向け!

女性は服を買うことが大好きですよね。お気に入りの服を見ると、物欲を抑えることができない女性も多いでしょう。

しかし服は消費するものではないので、どんどん増えてしまいます。同時にお金は貯まることなく、どんどん減ってしまうのです。

女性は『着たい』よりも『欲しい』という欲求が強いのでしょう。つまり欲しいものを手に入れることで、物欲が満たされて満足してしまうのです。

そこで今回は、洋服を買わない方法について紹介します。すぐに服を買ってしまう女性は必見ですので、ぜひ参考にしてください。

洋服を買わない方法とは?すぐに服を買ってしまう女性向け!

欲しいと思った服をメモに書く

服が欲しいと思うと、欲望が抑えられなくなり買ってしまうものです。自分で買う理由を必死に探して、正当化させてしまうのでしょう。

しかし、欲しいと思ったときこそ冷静になるべきです。欲望を一度外に出すことで、少しずつ気持ちを抑えることができます。

そこで欲しい服についてメモをとりましょう。『欲しいものノート』を作成するのもおすすめです。ブランド・アイテム・値段を書きます。

【ユニクロ・スカート・2,900円】
【GU・ニット・1,900円】

このようにメモしましょう。また写真があれば、携帯に保存をしておくと良いです。ネットであれば、お気に入りに登録しておいてください。

買わずに『一時的に保留』にして自分で覚えておくことで、クールダウンしていきます。メモをすることで、自分の手元に仮で届いたような気持ちになれるのです。

買う前にメモをすることを習慣にしましょう。それだけでも、今までの半分くらいまで買う衝動を抑えることができるのです。まずは衝動買いをやめてみてください。

物欲以外で自分を満たす

服を買うとスッキリとした気分になりますよね。これは服が着たかったわけではなく、買いたかったというだけのことなのです。

『欲しい』という欲望を『買う』ことで満たします。欲が満たされることでスッキリして、ストレス解消や気分転換になるのです。

しかし、欲を満たす方法は他にもあります。物欲ではない自分の欲を満たすことで、気分転換できるようにシフトしてみましょう。

たとえば食欲を満たすために、美味しいものを食べるのも良いです。また睡眠欲を満たすために、たくさん寝るのも良いでしょう。

運動をしたり、趣味に時間を費やすことも気分転換になります。他のことで自分の欲望を満たしてあげることで、服を買うという衝動を抑えることができるのです。

とりあえず一週間は引き延ばす

女性の買い物の大半は衝動買いです。お店で素敵な服を見つけると、つい欲しいという衝動にかられて購入してしまうのでしょう。

しかし衝動買いをした服は、タンスの肥やしになることが多いです。衝動買いをした服で成功する確率は低いということになります。

そこで『欲しい』と思ったとき、とりあえず1週間待つことを自分の中で決めてください。その間に手持ちの服などで類似しているものはないか確認しておくと良いです。

そして翌週になっても気持ちが収まらない場合は、もう一度お店に行きましょう。改めて試着をして、それでも欲しいのであれば買うことを前向きに検討してください。

おそらく翌週まで気持ちを引きずるような服は、半分ほどです。これだけでも衝動買いを抑えて、無駄遣いはなくせるでしょう。

洋服代を設定する

無駄をなくして節約している人は、家計簿をつけています。家計簿をつけることで、無駄なお金が目立つようになるのです。

そこで服代についても管理をするようにしましょう。何も管理をしないとどんぶり勘定になってしまい、服にいくらかけているのかわからなくなってしまうのです。

もし毎月服代に3万円費やしているのであれば、まずは半分の1万5千円にしてください。必ず上限を超えないように自分で服代を把握して管理しましょう。

そのために家計簿もしくは服だけでも買ったものはメモする習慣をつけてください。最終的には月1万円まで下げるのが理想です。

ただしご褒美の月を半年に1回作るなどして、調整をしてみてください。ストレスなく服を楽しむようにすると良いでしょう。

断捨離する

服を買いたいという衝動は、家の服が多いほどに起こるものです。なぜなら服への執着心が強いからです。もっと欲しいという欲が出てきます。

そこで服への執着をなくすために、断捨離をしましょう。家にある服を減らすことで、無駄な買い物もなくなります。

服への執着がなくなるので、物欲から解放されるようになるのです。また部屋がスッキリして、身も心もスッキリします。そして満たされるのです。

服の手持ちが少ない方が1着を大切にすることができます。残す服を大切にできるように、家の服の断捨離を決行してください。

断捨離!服を処分する方法とは?

10月 20, 2018

本当に必要なのか考える

素敵な服を見ると、つい心がときめいてしまいます。たとえばキラキラしたワンピースを見ると、なんだか欲しいと思ってしまうものですよね。

しかしキラキラしたワンピースを着た自分を想像してみてください。実際に着ていく場所は、限られてしまいますよね。

いつ?
どこに?
誰と?

着用頻度を考えると、限りなく少ないはずです。普通に生活している限りワンピースの出番はないかもしれません。

そうなると今買うべき服でないことに気がつきます。着たいと思う服は溢れています。しかしそれが実際に必要で着る服になるのかを、今一度考えてみましょう。

手持ちの服でコーディネートする

『最近着る服がない・・』
『なんだかマンネリ気味・・』

そう感じることで服を新しく購入することはあるでしょう。しかし、実際には手持ちの服でも着回し方ではじゅうぶんに足りることが多いです。

タンスの肥やしになっている服を出して、今ある服でコーディネートの幅を広げてみてください。着方次第では新鮮な印象になることもあります。

去年着なかった服でも、今年は着られるものもあるかもしれません。買わないでもお洒落を楽しめる方法はあります。

組み合わせや小物アイテムを工夫して着回しを楽しみましょう。それだけで物欲は抑えられて、買うという行為も自粛できます。

シーズンごとに買う必要はない

シーズンごとに新しい服を買うという固定概念を持っている人も多いでしょう。季節の変わり目には、必ず服を新調する人もいますよね。

しかし、このような風潮はネットやメディアが宣伝しているだけです。

『シーズンごとに服を買うべき』
『トレンドを買うべき』
『去年の服では古い』

そう煽ることで、女性に服を買わせようとしているのです。しかしネットやメディアに流されないようにしましょう。

良い服は、何年でも着続けることができます。トレンドの服を着ていない女性の方が圧倒的に多いのです。新しい服を毎年買う必要はありません。

新しい服や流行りの服に、つい飛びついてしまう気持ちは理解できます。しかし『期間限定』『今年の流行り』というキャッチフレーズに惑わされないようにしてください。

服を買うことで心を埋めている?

すぐに服を買ってしまう女性は、実は服に興味がある人ではないことが多いです。どこかで満たされない部分があるので、心を埋めるために服を買います。

仕事で疲れて帰るとき・・つい服を買ってしまうことがあるでしょう。これは服が欲しいのではなく、疲れを服で癒しているのです。

服をすぐに買うという行為は、ストレス発散になっています。しかし服だけで心を埋めても根本的な解決にはならず、お金を浪費してしまうだけです。

なにか虚しい気持ちがあるのであれば、恋をしたり運動をしたりと自分が主体で何かを始めましょう。そうすることで、心を埋める改善策につながります。

服を買って心を満たすのは、現実から逃げているだけです。もっと現実を見て、解決できるように考えてください。

買わない期間を作る

一度お菓子を食べ出すと、食欲が暴走することがあります。食べたいという意欲が止まらなくなり、つい食べ過ぎてしまうのです。

これは物欲でも同じことがあり、一度服を買うと止まらなくなります。もっと欲しいという気持ちが湧き出てきてしまうでしょう。

そこでダイエットをしてください。服を買わない期間を設定するのです。偶数月は買わないなどと固定しても良いでしょう。

一度服を買うことから離れると、欲しいという気持ちにならなくなります。依存や執着がなくなり、別のことに意識が向くようになるのです。

買ったつもり貯金

貯金とは、すればするほど癖になるものです。とくに『買ったつもり貯金』は得した気分になれるので、おすすめです。

5千円の服が我慢できたとき、買ったつもり貯金をします。これが10回積み重ねれば、5万円も貯金ができるのです。

一度貯め始めると、買うことに抵抗を感じるようになるでしょう。買ったつもり貯金をしたくて我慢することが逆に楽しくなってしまいます。

服を買わないことで楽しみを増やすのはストレスのない方法です。ぜひ服を買ったつもり貯金を実行してみてくださいね。

買ってしまうプロセスを作らない

いつも自分が服を買うとき、どのような心理や行動であるかを考えましょう。かならず服を買う法則やプロセスが存在するはずです。

『旅行などのイベントがあるとき』
『ストレスがたまっているとき』
『休日にショッピングセンターに行ったとき』

もし何か共通していることがあれば、そのプロセスを作らないようにしましょう。服を買いたいという衝動自体を引き起こす前に阻止するのです。

たとえばダイエット中の場合、コンビニに行くことで食べ物を買ってしまいます。だから食べることをやめられなくなるのです。これでは食欲が抑えられないでしょう。

コンビニに行くのをやめることで自然と食欲もわかなくなります。もとのプロセスを絶つことで、欲は調整できるのです。

買い物をしてしまう原因となる行動を改めてみてください。そうすれば欲しいという意欲もわかなくなるでしょう。

自意識過剰を見直す

女性が服を着てお洒落をするのは、悪いことではありません。自分を良く見せようとするのも当然の心理でしょう。

しかし『この服いつも着ている』『もう少し華美な服にしよう』と過剰に考える必要はありません。そこまで人は人の服を気にしていないからです。

服を楽しむことは、どちらかというと自己満足です。他人の目を気にしすぎてしまうと、多くの服が必要に感じてしまいます。

もしかすると、自意識過剰になっている可能性もあるでしょう。自分を磨くことは大切ですが、それを服で表現するのは避けてください。

自分に自信をつける

本当に自信のある人は、毎日ジーパンとTシャツでも満足できます。それでも満たされてしまうのです。高い服やブランドを身に着けることもないでしょう。

そこで自分に自信をつけましょう。どうしたら自信がつくのかというと、努力を続けることです。自分を磨く努力を積み重ねることは、自信になります。

スタイルに自信がない人は、スタイルアップ。
顔に自信がない人は、メイクアップ。

自分のコンプレックスを克服する努力をすることで、少しずつ自信が出るでしょう。そして自信が出ることで、服に頼ることもなくなります。

家にあるシンプルンなものでも事足りるようになってください。そうすることで物欲もなくなり、服への執着から離れられるのです。

買わないで借りるのもあり!

ファッションレンタルサービスをご存知ですか?

毎月、プロが選ぶコーデをレンタルできるサービスで、30代女性を中心に人気のサービスになります。

「服は欲しいけど節約したい」「似たような服がたくさんある」「安く旬のコーデを着こなしたい」。そんな悩みを持つ女性に利用されているのです。

特におすすめのファッションレンタルサービスを2つ紹介します。

エアークローゼット

30代・40代女性であればエアークローゼットが最もおすすめです。日本最大級のファッションレンタルサービスで、16万人以上の会員数をほこります。

パーソナルスタイリングと呼ばれ、プロのスタイリストが一人一人にあった服を選んでくれ、自宅まで届けてくれます。月額6,800円からコンサバ系コーデをレンタルできます。

気に入ったアイテムだけ、実際に購入することも可能です。また、クリーニング不要で返却できます。楽に自分に合った旬のコーデを着こなせるので、人気です。

初月無料で使えるので、興味がある人はぜひ利用してみてくださいね。

30日間返金保証あり
招待コード 92GUn(8月限定!3,000円引き)

アールカワイイ

20代女性であれば、アールカワイイがおすすめです。会員数も4万人を突破した勢いのあるファッションレンタルサービスです。

渋谷109・OPA系、ルミネ・マルイ系、可愛い・フェミニン系など、いろんなスタイルの服があります。エアークローゼットと同様に月額6,800円で、プロのスタイリストが服を選んでくれます。

クリーニング不要で数十万点の服から、スタイリストがコーデを選んでくれます。

服への執着心をなくす

すぐに服を買ってしまうのは、何かしらの服への執着があるからです。本当に欲しいのではなく、執着があることで依存してしまうのでしょう。

これでは我慢できずに、月に何万円も出費してしまいます。また我慢しても大きなストレスになってしまうだけです。

負担なく快適に買い物欲をなくすためには、工夫が必要でしょう。今回紹介した方法を実践して、自分に適した抑制の仕方を見つけてみてください。


ファッションレンタルラボおすすめ
👑第1位👑 エアークローゼット



会員数20万人突破!日本最大級のファッションレンタルサービス。
当サイト(ファッションレンタルラボ)で最もおすすめのサービスがエアークローゼットです。
8月限定!招待コード 92GUn で3,000円引き

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です